電話番号
国東市の魅力

海と山の美しい自然に恵まれたまち、くにさき。

国東という処
国東の風景

九州は大分県、北東部に位置する国東(くにさき)半島。中央にある両子山から放射状に28の谷が伸びており、 瀬戸内側に位置する4つのまち(国見・国東・武蔵・安岐)からなる市が国東です。
山並みは火山特有の荒涼とした岩肌が特徴的であり、ここに古くから六郷満山と呼ばれる独自の仏教文化が栄えました。 山岳部一帯にたくさんの寺院や石仏、石塔が建立されており、県外からも多くの人が訪れています。
沿岸部は小さな入り江と岬が連続するリアス式海岸で、瀬戸内海の穏やかな海を広く見渡すことができます。

祭り
祭りの風景1 祭りの風景2 祭りの風景3

荒鬼がたいまつを振りまわしながら走り、その年の無病息災を祈る「修正鬼会」、 お面をつけたケベスが持ったシダの火の粉を浴びるとご利益を得ることができるという謎の奇祭「ケベス祭り」、 疾走する馬の上から弓で矢を射る神事「流鏑馬」など、今もなおたくさんの伝統行事が受け継がれています。

海の幸・山の幸
料理1 料理2

瀬戸内海南西部を流れる豊後灘は、大分県の中でも屈指の漁場であり、さまざまな魚が水揚げされます。
中でも、「くにさき銀たち」「くにさき姫だこ」のブランドで売り出している太刀魚とタコは大分県全体の漁獲量の大半を占め、全国各地へと出荷されています。
荒波に揉まれた魚介類は身の締まりがよく大ぶりで、しっかりとした歯ごたえが楽しめます。 また、両子山系の地に育つしいたけやごぼう、やまいもなどの山の幸も自慢です。どこか懐かしいくにさきの幸の味わいに舌鼓を打ってみませんか。

組織紹介
国東市子ども農村民泊体験協議会
〒873-0511
大分県国東市国東町小原2662番地1
TEL (0978)72-5168
FAX (0978)72-5173
営業時間 8:30〜17:00 土日祝休
組織概要はこちら
お問合わせ

ページトップ